未分類 0 Comments

エイジングケアアンチエイジングやエイジングケアという言葉がありますが、目指しているものは同じです。しかし、実は薬事法の関係上アンチエイジングと表記する場合は、厚生労働省認証の医薬部外品と美容医療で活用される医薬品およびそれらを使った治療法を指します。それ以外の化粧品やエステサロンのように、医療行為が認められていないものに関しては、アンチエイジング表記が認められていません。

そのために「加齢による肌トラブルを解消できるケア」といったような説明、もしくはそれ相応のキャッチフレーズだけが掲示されています。エイジングケアとは化粧品会社の都合上生まれてきた造語です。美容皮膚科は医療行為が承認されている専門医療ですから、アンチエイジングと表記されているものが多いはずです。

実際にやっている事はしわやシミ取り、たるみやくすみ解消、毛穴ケア、乾燥肌の解消など主に顔のお肌ケアになります。実際これらが理由で美容皮膚科を利用する人が多く、レーザー治療やヒアルロン酸を含む美肌成分の直接注入などに人気が特に集まっています。エステサロンよりも費用が高値である事をしばしば指摘される事があり、なるべくお金をかけたくない人の中には、若干時間がかかっても安価なエステを利用する人もいます。